シャトー・クロ・ドゥ・サルプの歴史

La propriété

人類ありきの歴史

1923年に、旧所有者バロン・ドュ・フサ・ド・ブジュロンからジャン・ベネの手に移った領地は、1950年に息子のイヴァン・ベネが引き継ぎました。現在、妻のクリスティーヌと共に、ワイン醸造への真摯な情熱を持ち続けるジャン=ギ・ベネが管理する家族の領地では、伝統を重視し、高貴なテロワールを最大限に表現できるよう、3世代に引き継がれたノウハウが活かされています。

シャトー・クロ・ドゥ・サルプは、上質なワイン愛好家の喜びに思いを馳せて、土壌を尊重しつつ、完璧を追求し続ける、人間味溢れる 独立系メゾンです。


栽培面積の狭く古い樹齢のブドウ畑で収穫量を抑え、新樽熟成をほどこし、ジャン=ギー・ベネは、伝統的ノウハウを活かして自然を尊重した昔ながらの栽培方法に従い、複雑でフルーティーな香りのワインを造り出しています。伝統に忠実に、ワイン造りへの情熱から生まれたシャトー・クロ・ドゥ・サルプは、寿命の長さと凝縮感でその右に出るワインは稀でしょう。グラン・ミレジムは、数十年もの間、清涼感を保ち続けます。

1997年にジャン=ギー・ベネが生産を決心した第2のワイン、シャルル・ドゥ・サルプは、エレガントとしなやかさ、芳醇でコクのある余韻が残ることで知られています。

Jean-guy Beyney

“シャトー・クロ・ドゥ・サルプの私たちは、ワインを工業製品とは懸け離れた、敬意を払うべき生命の宿った製品とみなしています。

私たちはワインの自然なバランスを追求しています・・・
時間と情熱が後をやり遂げます。”

Jean-Guy Beyney

クロ・ドゥ・サルプのワインをご注文いただけます:

こちらでご注文ください Price list 2017